カモシカに会った日

c0318742_18351000.jpg

c0318742_18351041.jpg

自宅から程近い城址(ただの山だけれど)に登ったとき。
カメラを片手にブラブラと歩いていたら少し離れた斜面のほうからガザガサと不穏な音が聞こえてきて、僕は、すわイノシシか! などと警戒をして身を固くしたのだけれど、そこにひょっこり現れたのは天然記念物であるところのニホンカモシカだった。
適当な距離を開けつつ後ろからついてまわり、何枚かの写真を撮らせてもらった。
こんなところにもいるんだなあと思った。

[PR]
by itsuka_tsutaeru | 2015-02-20 18:44 | Comments(2)
Commented by jazz_kazz at 2015-02-20 18:54
こんばんは。。
天然記念物に成るような動物の大方は、気品を備えていると同時に、儚さを感じさせる部分が有るような・・何と言うか、生き意地が張っていない?(笑)・・な感じ。。
Commented by itsuka_tsutaeru at 2015-02-22 20:43
こんばんは。
気品はたしかにわかるような気がします。
人間は恥にまみれてますが(暴言)野生動物は気高い、なんてありふれたことを思います。
<< ハクチョウを眺める午後 鳥がいる >>